スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツールナイフ考

スイスアーミーナイフに代表される多徳ナイフ。
以前は高品質な品からパチモンまで結構見かけたが、最近は本家(なの?)ビクトリノックス社製以外はとんと見ない。どうもレザーマンを嚆矢とするプライヤー付きツールに駆逐されたらしい。

もちろんどうしたって専用の工具には劣る。しかしポケットの中の一本で大抵のことは何とかなるのは魅力的だ。創意工夫だ。ハックだ。
しかし実際買う段になると意欲が失せてしまう。理由は唯一つ、買いたいモデルが無い。
どれを取っても帯に短し襷に長し。一番実用的なのは軍制式のその名もソルジャーだが、野外で使うならともかく日常用ポケットツールナイフとしてはオーバースペック気味。
以前トラベラーを使っていてこれは良かったが紛失してしまった。現行モデルではマルチフックなる謎のツールが付いていて萎え。
出来るだけ軽い方が良いし、余計な、まして用途不明の機能で分厚いのは論外である。
可能なら必要ツールのみを組み込んで作ってくれるセミオーダーが理想だが、メーカーとしてはコスト的に難色を示すだろう。実際、かつてに比べたらスイスアーミーも安くなったものだ。

メインブレードは別格として、欲しい機能をビクトリノックス製品を参考に順に挙げるとこんなとこ。

 ・-ドライバー
 ・はさみ
 ・+ドライバー
 ・スパイキ
 ・波刃(セレーション)
 ・管抜き、じゃなかった栓抜き&缶切り
 ・ノコギリ
 ・小刃

逆に普段は使用頻度が低いが必要になった時に代替手段がなかなか無いのがこんなツール。こちらは順不動。

 ・コルク抜き
 ・精密ドライバー
 ・ピンセット
 ・ルーペ
 ・リーマ
 ・ヤスリ
 ・ノコギリ
 ・小刃

なにやら既視感もするが気にしない。
上のリストと下のリストの機能を全部入りにすると何徳になるか知らないが握りがかなり厚くなりそうだ。
こうなると最早メインブレードの大刃を取り去って、刃抜きマルチツールとした方が明快かも。いっそカッティング系のブレードは全部外して一つにまとめてそれは別に持つ。残った機能にプライヤーを足してマルチツールとして二丁持ち。
などと妄想を始めると、まあ今回はいいかなとかなって結局は買わない。
更に妄想は加速してツールの仕分けを始める。
「管切りじゃなかった缶切りと栓抜きは一体化できないか?確か他メーカーにそんなモデルもあった筈。で、その先にマイナスドライバーをつける。プラスドライバーとスパイキは兼用にする。ルーペは無くとも良い。メインブレードの一部を波刃にしちゃえ。ロックも有るといい。はさみは、要るな。ノコギリとヤスリはそんなに使うかなぁ?小刃も要らんか。えーと、これで何丁出だ?」
みたいな感じでこんなのが欲しいと具体像が出来たところでいろいろ探すと、やっぱりそんな理想のモデルは無い。あれだけ多種多様なモデルがありながらピッタリの一本が見つからない。
打ちひしがれ敗北感と徒労感に襲われながら、まあそのうちと微かな期待を寄せつつ、今回も諦めるのであった。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

電力使用状況&電気予報
プロフィール

仮免ライターH(仮称)

Author:仮免ライターH(仮称)
ブログ始めました

コメント承認制
トラックバックご自由(ただし不都合と判断した場合は前触れなく削除しますので後腐れ無きよう)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。