スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なにそれ、おいしいの?<大阪維新の会>

維新ときたら、尊皇・攘夷とセットである。
攘夷を叫んだ薩長はご一新なるとあっさり開国に転じた。

そのことを難詰されて「あなたは高等政治のしからしむところをご存じない」と答えた元勲は誰だったか?
とまれ、人が月に行く時代にw「維新」という響きは古臭い。「革命」も相当アナクロに聞こえるけどwww

で大阪維新の会ですが、教育現場で国旗・国歌を尊重せよと条例提案の動きがあるそうな。
こういう権柄づくなところが古いんだよね。法律で強制すればいいってもんでもあるめーし。

反対派も反対派だ。
信念に基づいて反対なら死んでも立つな、歌うな。
君が代・日の丸に反対なら対案出せよ。
そもそも国旗や国歌、いや国家そのもに「ハンターイ」ならそれはそれで卓見だが、だったら世界中すべての国旗・国歌に拳突き上げろ。
どうもこういう市民派?な人たちって、赤色成分が豊富だったり、☆とか鎌とか入ってる国旗には融和的だったりするんだよねww
「前進」とか「戦い」とか「血」だとか歌ってる国歌には甘かったり♪

さすがにフランス国歌「ラ・マルセイエーズ」はその物騒な歌詞が物議を醸したが、結局そのまんまらしい。
あれって革命歌なんですよね。
大砲をぶっ放すので有名なチャイコフスキーの「大序曲1812年」でもフランス国歌の主題が使われています。侵略者フランスの象徴として。
この曲もロシア賛歌ですな。

日本では「リパブリック賛歌」として有名なこの曲も、原義は「共和国の戦闘歌」だったりする。



驚くのはまだ早い。「むすんでひらいて」のあの歌も、なんと軍歌・行進曲だった過去もある。


余談はさておき、ネット海を見渡すとこんな意見もあった。

教職員に起立・斉唱義務付け=君が代条例案を提出―大阪維新の会

「自国の国歌や国旗に誇りを持てないなら、この日本の教員から去るべきなのではないでしょうかね」

なるほどね。フランス人もそういうこと言うらしいですよ。

「仲の良い友達とおしゃべりしていて、フランスの批判を少ししたら、「どうしてフランスにいるの? 日本に帰れば良いじゃない」、などと言われてしまったことがありました。フランス人は皮肉を言うのが得意。それに冗談半分で言ったのでしょう。でも確かに、彼女の言うことは正しいと思ってしまいました」
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

電力使用状況&電気予報
プロフィール

仮免ライターH(仮称)

Author:仮免ライターH(仮称)
ブログ始めました

コメント承認制
トラックバックご自由(ただし不都合と判断した場合は前触れなく削除しますので後腐れ無きよう)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。