スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただちに菅政権に影響を及ぼすレベルではないwww

不用意に書くべきものではないかもしれないが、手荒く手早く核心を削り出すのが当ブログの趣旨なのでもったいぶらずに言っちゃう。

今回の原子力災害をめぐって日本人の民族的欠陥が露になったのではないだろうか?

民族的欠陥とは大きく出たな。別に国民的欠陥でも、日本社会の市民的欠陥でもいいが。
で、これまた一気に本質に伐り込むと、その原因は「神の不在」にあるのではないかと。
どういうことか?

神、ないし絶対的超越的存在、そういうものと個人が直接対峙するという経験や在り方が大多数の日本人には欠けている。
恐ろしいのは神の目ではなく隣人の目、そう「空気」ですね。

危機管理というのは本来、最悪の事態に想いを廻らし備えるもの。状況が不明ならより悪い方を想定するのが筋。しかし日本人がやるのはたいてい逆。状況はいい方に問題は小さい方にと、楽観的に希望的観測で「想定」するのがデフォルト。果ては事実までねじ曲げる。
悪い方へ覚悟し実際はそうでもなかったら結果オーライだが、問題を小さく楽観的に見積もって手に負えなくなったら、ジ・エンド。
太平洋戦争がそうだった。そのうえ国民はコロッと掌返し。

なぜ最悪の事態を考えられないのか? なぜ最後まで希望的観測にしがみつくのか?
「甘え」だと思う。日本人は自然に、そこに住みたまう八百万の神々に、無意識的に甘え身を任せ安心してしまっている。そこにいるのは父たる唯一神ではなく、母たる地母神である。

現実の地母神は世間であり村社会である。
そこから弾き出されるのは恐ろしいこと。
なぜ日本人は突き詰めて考えることが不得手なのか?
なぜ日本人は大袈裟を嫌うのか?

重装備を笑って軽装備で死ぬなんてただのアホですやん。
確かに過剰装備は見苦しい。が、軽装で冬山行くバカもおるまい。

原子量災害を惹起したもの。そして放射線よりも恐ろしく半減期すら不明確なもの。
それは我々日本人の心のありようであり、それが投影した日本という国のありさまではないだろうか?
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

電力使用状況&電気予報
プロフィール

仮免ライターH(仮称)

Author:仮免ライターH(仮称)
ブログ始めました

コメント承認制
トラックバックご自由(ただし不都合と判断した場合は前触れなく削除しますので後腐れ無きよう)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。