スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発あたふた

原発をめぐる混乱が続いてます。実際、もはや何が何だかもーワヤクチャ。ここんとこいろんな内実が出る出る。で、相互に矛盾してたり。
最近のネタは海水注入の一時差し止めの件。カンテイガー、トウデンガー、マダラメガーと、罪のくれ合いなすり合い。

首相を始め、官邸・東電が皆必死にやってるのは分かります。大混乱かつ錯誤続出なのも無理もありません。
しかし同時に、過小評価・隠蔽・保身・責任転嫁もうんざりするほど目に付きますよね。
少なくとも「運転員が非常用復水器を手動で止めた」とか、現場の人間をスケープゴートにするのは止めていただきたい。彼らはマニュアルや指示に従っただけです。

官僚というのは問題をなるべく小さく限定し、手際良くスマートに解決しようとします。多分おのれが有能だと自惚れたいから。でもそれって往々にして対症療法なんですよね。根治ではない。問題の先送りでもあります。
だから政治家は物事を根本からデザインし、官僚を動かさなければなりません。その意味で政治主導というのは間違っちゃいないのです。
本来なら東電のトップを警察力使って逮捕連行するくらいの勢いで連れてこなくちゃならないんでしょうが、自衛隊機に乗って東京向かおうとするのを引き返させたんですと。

管首相については、原発の視察でベントが遅れたとか海水注水を一時ストップかけたとかいろいろ言われていますが、当時の混乱した状況と不正確な情報では判断ミスはいたしかたない面はあります。つーか視察に行った時点で既にメルトダウンしていたわけで、ま、お目出度いっちゃお目出度いわけですが。
判断ミスはある、それに気づいて大事に至らさなければいいわけでして、正確な情報を得るため現地視察はありです。要はそのために余計なお膳立てをしなければいいのであって、ありのままを見てこそ&見せてこそ意味がありんす。指揮官先頭は正しい。どうせ視察に行かなきゃ行かないで非難する奴が出てくるしね。

しかし分からないのは米軍の支援申し出を当初断ったりした件。12日中にはメルトダウンが起ったのはまず間違いないと判断していたのでしょう、アメリカは。で、せっついた訳ですが、何故か断った。
そのあたりの経緯がはっきりしません。

総じて言えるのは情報の取り扱いミスということ。要するに操作しようとした。で失敗。で隠蔽。あ、隠蔽は最初からか。
最初からありのままを逐一発表していればいいんですよ。錯誤や誤判断も含めて。そうすればどこでミスったか検証できるし、軌道修正も早い。なにより言った言わないの泥試合にはなりません。誰かが嘘を言ってるわけで、判断ミスがあったとしても隠し立てすることなく認めちゃえばいい、その方が信頼されます。てゆうか、国民を信頼してないから嘘をつくんでしょうけどね。

こちらのブログでは、防衛省発表の自衛隊活動状況をまとめています。例えばこの記事

このように時系列に沿って淡々と記述しています。もちろん全く編集が入ってないとはいいません。しかし、頭に活動の根拠や関連法令を持ってきて、あとは活動内容を事実だけ記録しています。自衛隊独特の用語や文体で取っ付き難いですが、簡潔に事実だけを述べるのは、「ならでは」でしょう。
同様に政府としては、判断の根拠と採用した方策および実施の結果を可及的速やかに発表するべきでしょう。たとえ誤判断・失策だったとしても。速報なら「思われる」でも結構ですが、いつまでも「調査中」だったりするから失望を買う。このノロマ!くらい誰だって思いますよ。調査中なら少なくとも「ここまではやった」くらいは明言すべきですね。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

電力使用状況&電気予報
プロフィール

仮免ライターH(仮称)

Author:仮免ライターH(仮称)
ブログ始めました

コメント承認制
トラックバックご自由(ただし不都合と判断した場合は前触れなく削除しますので後腐れ無きよう)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。