スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィラデルフィア実験について 追記

記事「ハチェット」で言及した「フィラデルフィア実験」について、追記。

レーダーステルスはともかく、まして肉眼不可視化はトンデモとしても、実験そのものはあったと思う。つまり磁気機雷対策の消磁装置の実験だ。

船体が磁気を帯びるのは仕方ない。なんせ鉄の塊だし。通常船体磁気が一番問題になるのは、マグネットコンパスつまり磁気羅針盤に影響を及ぼすからだ。これを自差(デビエーション)という。つまり羅針盤が磁北を指さなくなる。
真北(トゥルーノース)と磁北(マグネットノース)は普通ずれている。これは地球の自転軸と磁極が一致していないからで、日本周辺では約7度ほど西に偏移している。これを偏差(バリエーション)という。
さらに自差が追い討ちをかける。コンパスの指す北をコンパスノース(羅北)というが、これが自差の影響で磁北を指向しない。つまり、
  
  真北→(偏差)→磁北→(自差)→羅北

という具合に二重にずれる。しかも厄介なことにこの自差は一定ではない。時間の経過や積荷や機器の新設移動や、はては近くに落雷があっても変化するし、そもそも針路によって違ってくる。つまり、例えばSW(南西)に向かっている時と、ENE(東北東)に走っている時では自差の量が違うのだ。そのため船舶では定期的に各方位における自差を測定し、最新の数値を自差表というものにまとめている。これは法律で定められている。

このように船舶は浮かぶ磁石のようなもので、この特性を軍事が利用しない手はない。つまり磁気感応機雷である。
ここで誤解があるが、磁気機雷は船体磁気そのものに反応するわけではない。どういうことかと言うと、船舶が通るとその付近の地球磁場に影響を及ぼす。つまり地磁気が乱れる。この磁場の乱れを感知して爆発する、そういう仕組み。しかもこの乱れをカウントして何回目に爆発するかとか小さな乱れは無視するとか密かに敷設後いつスリープから目覚めるかとかプログラミング次第。
機雷があるらしいというだけでその海域の海上交通は甚だ制限されるし、機雷掃海も長時間の緊張と根気を強いられ、戦力も割かれる。
逆に攻撃側にとっては低コスト低リスクで効果の非常に高い、その意味で優れた兵器である。

故に船体磁気の消磁システムの開発は当時焦眉の要求であった。原理的には人為的に磁場を発生させ、船体磁気と互いに打ち消しあって磁気的に極力ニュートラルの状態にし、地磁気への影響を最小限に押さえ込むことである。
その為の一つの方法としてテスラ・コイルが試みられたのは言わば当然のことで、実験の結果として不適とされたであろうことは想像に難くない。

だがしかし、実験の最中に何が起こったのかまでは分からない。ただ単に効果がなかったのか、それとも?



追記の追記。
こちらもどうぞ参照あれ→死人は二度投票できるか?
スポンサーサイト

或るテロリストの死

日本時間5月2日、9.11同時多発テロの首謀者とされるウサマ・ビン・ラーディン容疑者が、潜伏先のパキスタンにて急襲した米海軍特殊部隊によって射殺された。

え、逮捕・裁判じゃないの?と普通思うところだが、作戦のオーダーにそのオプションは無かったらしい。つまりオバマ大統領は裁判を忌避したということだ。
口封じ、ということはあるだろう。裁判になれば弁明の機会は与えられるが、アルカイーダのプロパガンダの場、ビン・ラーディン政治ショーになってはちと困ろう。そもそも公判を維持出来るだけの証拠があるのかも怪しいところだ。言わば厄ネタである。裁判ともなればいろいろ複雑で面倒臭い。むしろ、熱狂が去り中だるみ気味の任期(と人気)を引き締め再選を目指すには、ビンラーディン容疑者の捕捉・SATUGAIは絶好のカンフル剤ですらある。裁判をする必要はない。邪魔者には消えてもらうに限る。利用するだけして。

パキスタンはどうであろうか。
大統領は知らなかったと言い、事実知らなかったのかもしれないが、当局がビン・ラーディン容疑者の所在を把握してなかったわけがない。
当然知っていた。積極的に匿い庇護していたわけではないにしろ、一種の人質ないし保険として監視下に置き、必要あれば拘束と称する保護、あるいは保護と称する拘束、場合によっては事故を装った暗殺を企図したであろう。邪魔者になったら消してしまうに限る。利用する価値がないなら。

ビン・ラーディン容疑者は裕福な家の出て、実父は元米国大統領のパパ・ブッシュとビジネス上のパートナーでもあったという。だからビン・ラーディンとアメリカは裏でつるんでいて、その辺りのことを暴露されたらまずいから殺害されたのだ。死人に口なし。
そういう説もあるが、どうだろうか。9.11はアメリカの自作自演とする陰謀論もある。日本による真珠湾攻撃をルーズベルト大統領は事前に知っていた、というのはほぼ定説になったようだ。同様に、アルカイーダによるテロ計画を察知したアメリカがそれを利用した、という線はあながち荒唐無稽でもないだろう。
表立って実弾が飛ばないだけで、外交戦・情報戦は平時の戦争である。

嘘か誠か定かではないが、イギリスでは最優秀の学生はこぞって情報機関に入り、エージェントになるという。あるいは、戦争になると貴族は勇んで出征し、事実フォークランド紛争では貴族から多くの死者が出たとか。これも事実だそうだが、フォークランドやイラクでイギリス軍は何と銃に着剣して銃剣突撃、白兵戦を展開したらしい。
さすがイギリスと何となく感心してしまう伝説・武勇伝だが、軍服を見てもそのイギリスの影響を強く受けているのがわかるパキスタン(まあ植民地だったわけですが)、軍・情報部ともかなり手強そうだ。核兵器も持ってるし。

結局ビン・ラーディン容疑者は、各国各組織の思惑に翻弄された道化師・トリックスターだったのかも知れない。左翼運動に投じた(興じた?)団塊世代とかぶるなぁ。アメリカとの影の繋がりというより、米帝(笑)と商売に勤しむ父を見て反発した純粋なボクちゃんというのが実態だろう。日本の左翼もえてして良家の出だったり難関大学の学生だったりインテリだったりするからね。今でも無論、安保闘争の時代なら間違いなく社会の上層部にいた連中だ。庶民からすりゃ、ボンボンの学生が青臭い能書き垂れやがって、世の中そんなに甘くねぇぞ、と思われておしまい。左翼諸氏も当然そのことは自覚していた筈。というか多分コンプレックスだったろう。要するに焦燥感・罪悪感と時代の流行り病で熱に浮かれていただけと言えよう。
電力使用状況&電気予報
プロフィール

仮免ライターH(仮称)

Author:仮免ライターH(仮称)
ブログ始めました

コメント承認制
トラックバックご自由(ただし不都合と判断した場合は前触れなく削除しますので後腐れ無きよう)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。