スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳩って。。。

平和の象徴だっていうけど、なんであんなにふてぶてしいの?
食い意地張ってるし、ずーずーしーし、汚いし、朝っぱらから五月蝿いし・・・
顔がもうダメ。特にあの目。キモい!
雀のほうが鋭い野生の眼してるし、烏は知的だし。
ハンターの猛禽類は精悍で高貴な顔立ち。実はスカベンジャーだったりするけど、汚れ仕事を黙って引き受けるなんて男前だわ。
それに比べて菅じゃなくて鳩山じゃなくて鳩・・・いいとこなし。

意地汚くてでっぷり肥えたずーずーしくふてぶてしい鳩。
平和なんてそんなものさ、というのなら皮肉が効いている。


バズーカ構えてカワセミ狙うようなバーダーもキモいね。
連中、別に鳥が好きなわけではなく写真が好き。
もっと言えば、写真そのものよりも写真を撮ってる自分が一番好き。

ハト派ってのも同類項だね。
スポンサーサイト

君は「日本国」を知っているか?

かつて幾度となく航行した日本海。チャートテーブルに広げた海図にそれは縮こまる風でもなく、主張するでもなく泰然とそこに記されてあった。日本国と。
地名なのは間違いない。厚地の紙にピリオドのような点が穿たれ、傍らには「555」との数字。どうやら山名らしい。場所は新潟と山形のくにざかいである。

生憎この辺りを通るのはいつも夜である。陸地をすかし見ても目に入るのは生活の営みを徴す灯りばかり。闇に沈む山塊に名の区別はつかない。
「いつか行ってみよう」
航海のたび、その沖合いを通るたびにそう思ったが、未だにその旅は果たせないでいる。多分行くことは無いかもしれない。今ではそう思う。

鉛色の空と海。台風並みに発達した冬の低気圧。天が吠え、青波がデッキを洗う。船は海に翻弄され、人は船に翻弄された。ウォーターハンマーが容赦なく船体を叩き大波が持ち上げ、一瞬の重力からの解放のあと衝撃とともに波の谷底めがけて落ちていく。横揺れもきついがこのジェットコースターは堪える。不思議と恐怖は湧かないが、遊園地のジェットコースターは今でも苦手だ。
空腹だと酔いやすい。たとえ吐くだけだとしても何か腹に入れた方が良い。熱く火照った身体、茫漠とした思考、緩慢な動作。重く冷たい風がむしろ心地よい。空には星一つないが街は煌めいている。人家の暖かそうな灯りが目に霞む。

夜が明け嵐のピークは過ぎたが、余韻は長く海は荒れている。
やがて入港し久し振りに大地の上に立つと、身体は勝手に揺れていた。
暖かい光を放つ白熱灯の下で文庫本を手にコーヒーを飲む。胃も今では落ち着いた。身体の揺れも収まった。
「本当にあの海にいたのだろうか?」
何だか現実味が無い。夢のようだ。店の窓から見えるはずのない海を臨む。名残のうねりも、湾内までは入ってこない。
コーヒーカップに目を落とし、香りを聞く。
今朝までいた荒れる海が懐かしい。真実の時が、あそこにはあったのだろうか?

今でも想いを馳せることがある。あのとき、自分は確かに生きていた。
やはりいつか行こう。諦めることなく。
電力使用状況&電気予報
プロフィール

仮免ライターH(仮称)

Author:仮免ライターH(仮称)
ブログ始めました

コメント承認制
トラックバックご自由(ただし不都合と判断した場合は前触れなく削除しますので後腐れ無きよう)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。